マキタ DF012DSHX ぺンドライバドリル

DF012DSHX

マキタから新型の充電式ペンドライバドリル DF012DSHXが発売されました。黒色タイプはDF012DSHXBになります。充電式ペン型シリーズの充電式ペンドライバドリルです。高精度で均一な締付けや追い締めに便利な手締め機能が付いています。高容量の1.5Ahで1充電あたりの作業量も充実しています。DF012DSHXは小型・軽量なので、狭い場所にも工具袋に入ります。

 

マキタ DF012DSHX/DF012DSHXB 充電式ペンドライバドリル

マキタ DF012DSHX 充電式ペンドライバドリル/DF012DSHXB
定価:24,400円(税別)
販売価格:16,800円(税別)

 

 

DF012DSHX 特長/DF012DSHXB

充電式ペンインパクト セット内容

  • DF012DSHX・B黒
    バッテリーBL0715×2本、充電器DC07SB、アルミケース付
  • DF012DZ・B黒
    本体のみ/バッテリー・充電器・ケース別売

 

充電式ペンドライバドリル 共通特長

  • BL0715のリチウムイオンバッテリーは新Li-ion7.2Vバッテリを採用し、高容量1.5Ahになりました。
  • 小型・軽量になり、狭い場所でも取り回ししやすい。工具袋にも入ります。
  • 追い締めに便利な手締め機能付きです。電気設備や各種組立、ユニットバス施工におすすめです。手回しドライバとしても使用できます。
  • LEDライトつきで照射範囲を広げて作業時に周囲を明るくします。専用スイッチで任意に点灯可能です。

 

高精度で均一な締め付け

  • オートストップ機構で一定のトルクでの締付ができます。クラッチ作動と同時にモーターがストップします。
  • バッテリ残容量停止機能でバッテリ容量減少するとモータ起動せず、締付け力不足で未然に防止します。LEDライトでもお知らせしてくれます。

 

充実の作業量


1充電あたりの作業量は「木ネジ締め ラワン 低速使用時」の場合、φ3.8x25mmだと約350本。φ3.8x38mmの場合約210本の作業量になります。
※数値は参考値です。

 

仕様

下記は、マキタ 充電式ペンドライバドリル DF012Dの仕様になります。

ネジ締め能力(mm)

木ネジ Ф3.8×45

小ネジ M5

穴あけ能力

鉄工キリφ5

木工キリφ6

最大トルク 8N・m
回転数

(高速)650min-1(回転/分)
(低速)200min-1(回転/分)

寸法 折曲げ時:長さ227x幅42x高さ144mm
ストレート時:長さ282x幅42x高さ52mm
質量  0.53kg(バッテリ含む)
標準付属品

+ビット(1-45/2-45 各2本)、+・-ビット(2-45 2本)、木下穴・鉄用六角軸ドリル(Ф3/3.5 各2本)

※DZ・DZBは+ビット2-45 1本のみ

 

おすすめ別販売品
ツイスト・トーションビット(マグネット付)

 

スリムタフビット(マグネット付)
マキタ スリムタフビット(マグネット付) No.0⊕ 85mm  3本 片側 A-52875

マキタ スリムタフビット(マグネット付)No.1(+) 65mm  A-52881/110mm A-52897

マキタ スリムタフビット(マグネット付)No.2⊕ A-50924/A-50930/A-50946

マキタ スリムタフビット(マグネット付)No.2(+) A-50952/A-50968/A-50974/A-50980/A-50996

 

マキタ トーションタフビット(マグネット付)

段付きタフビット

 

タフソケットビット

+ビット、+-ビット

 

木下穴・鉄用六角軸ドリル

 

ペンインパクト・ドリル用ホルスター

 

 

マキタ DF012DSHX 充電式ペンドライバドリル/DF012DSHXB
定価:24,400円(税別)
販売価格:16,800円(税別)

 

詳しくはウエダ金物まで!

 

Summary
product image
Author Rating
1star1star1star1star1star
Aggregate Rating
5 based on 3 votes
Brand Name
makita
Product Name
充電式ペンドライバドリル
Price
JPY 16,800
Product Availability
Available in Stock
みんなの評価 
12345 (5 投票, 平均値/最大値: 4.60 / 5)
※5段階の簡単評価です。★を選択することで誰でも簡単に評価できます
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

カテゴリー▼

ページ上部へ戻る