インバーター発電機 おすすめ人気機種【徹底比較】

インバーター発電機とは

インバータとは周波数を整え、出力を安定させる装置のことです。インバータの働きにより周波数や電圧の変動が少ない安定した出力を発揮し、良質な電気を発電します。エンジンの波打良質な電気が必要となる「パソコンや精密機器」等でも安心して使用できます。インバーター付の発電機はパソコンの電源やモーターの回転を安定させたいときなどに安定した周波数の電源を使用します。現代の電化製品は50Hz・60Hzに対応しているものがほとんどですが産業用機械・古い機械等は片方にしか対応していないものもある為、注意が必要です。インバーターを利用して50Hzを60Hzに上げたり戻したりも行います。

 

 

インバーター発電機 よくある質問

起動電力とは?

電気機器は起動する際に消費電力を超えて電力を必要とする場合があり、これを起動電力といいます。必要な発電機の出力は電気機器の”起動電力”で選びます。ご使用になる電気機器の消費電力を調べておく必要性があります。電気機器によっては表示電力の3-4倍の出力が必要になる場合があります。起動電力メーカーに確認されると安心ですね。複数の電気機器を利用する場合は合計した起動出力が必要になります。

 

使用する燃料のタイプは?

主にガソリンタイプカセットボンベタイプに分けられます。”ガソリンタイプ”は発電にかかるコストを安く抑えることが出来、長時間の稼働に耐えれます。”カセットボンベタイプ”は燃料の管理が行いやすくガソリンと比較しても燃料の使用期限が長いので防災やアウトドア等持ち運びをするときに向いています。

 

インバーター発電機 おすすめ機種

 

新ダイワ IEG1600M-Y/M インバータ発電機【限定品】

定価:オープン価格

販売価格:94,450円(税別)

<定格出力1.6kVA/定格周波数50・60Hz/騒音値51.5-61dB/ガソリン>

 

 

工進 GV-9i インバーター発電機
定価:73,500円(税別)
販売価格:55,370円(税別)
<定格出力900VA/定格周波数50・60Hz/騒音値58-65dB/ガソリン>

 

ヤマハ 防音型インバーター発電機 EF1600iS
定価:198,000円(税別)
販売価格:116,670円(税別)
<定格出力1600VA/定格周波数50・60Hz/騒音値51.5-61dB/ガソリン>

 

ホンダ EU18i 正弦波インバーター発電機
定価:208,000円(税別)
販売価格:138,020円(税別)
<定格出力1800VA/定格周波数50・60Hz/騒音値81-90dB/ガソリン>

 

ホンダ インバーター発電機enepo EU9iGB
定価:オープン価格
販売価格:108,000円(税別)
<定格出力900VA/定格周波数50・60Hz/騒音値79-84dB/カセットガス燃料>

 

 

インバーター発電機 選び方

インバーター発電機はさまざまなタイプがございます。使用するシーンや目的に対してお選びいただく必要がございます。「キャンプ・DIYや土木作業・非常時の備えなど」お選びいただく際の注意点について解説していきます。

 

出力(kVA)

使用する電気機器の”消費電力”や”起動電力”を確認してください。その大きさによってインバーター発電機の出力をお選びいただく必要があります。電気機器を起動させるときに電気機器の消費電力よりも大きい起動電力が必要になる場合があるのでご注意ください。

 

カバーかフレームタイプ

発電機には”カバータイプ”と”フレームタイプ”の形状がございます。”フレームタイプ”はエンジン部分がむき出しの状態になっているので振動・音が伝わりやすくなっています。フレームが広範囲にあるので持ちやすく、車での持ち運び時に紐等で固定しやすいです。”フレームタイプ”に対し、”カバータイプ”の発電機はカバー・防音材等の効果で防音になっているものが多いです。住宅街・街中や人が多い場所での使用にはカバータイプがおすすめです。特に騒音が気になる!という方には防音ボックス等のオプション品もございます。騒音がかなり抑えられるのでおすすめです。

 

燃料の種類

一般的に”ガソリン”か”カセットボンベ(ガス)”の2つのタイプがあります。”ガソリン”は出力が大きく、長時間の運転が可能です。ガソリンスタンド等で購入できます。発電機を使用しない場合タンクから燃料を出しておく必要があります。”カセットボンベ”はホームセンター等で購入でき、安価です。カセットボンベの交換や保存しやすいです。短時間の運転に向いています。

 

重量

今はどのメーカーでも比較的コンパクト設計のものが多いです。出力が大きくなるほど、重くなる傾向にあります。持ち運び等の際は軽いものが使い勝手がよく、キャリー付のものもあるのでオススメです。

 

運転音

インバーター発電機で気になるのは騒音です。住宅街や街中など音が気になるところで使用する場合は重要になってきます。一般的に騒音値が60dBAを超えるとうるさいイメージにあります。静音モデルや防音モデルも登場しつつあります。

 

メーカーで選ぶ

下記のメーカー名称をクリックしたら、メーカーの弊社インバーター発電機一覧ページに飛びます!

HONDA ホンダ

KOSHIN 工進

YAMAHA ヤマハ

新ダイワ(やまびこ)

マキタ

HiKOKI(日立工機)

スバル

デンヨー

三笠産業

ナカトミ

パワーテック

ワキタ

エクセン

AIRMAN(北越工業)

 

インバーター発電機 出力別おすすめ機種

出力0.9kVA以下

 

ヤマハ EF900iS インバーター発電機

定価:128,000円(税別)

販売価格:77,780円(税別)

<出力0.9kVA/定格周波数50・60Hz/騒音値47dB/燃料:ガソリン>

片手で持ち運びしやすい12.7kgのボディ。48.5dBのサイレント設計。連続運転時間は11.9時間の長さ!

 

 

工進 GV-9i インバーター発電機

定価:73,500円(税別)

販売価格:55,370円(税別)

<出力0.9kVA/定格周波数50・60Hz/騒音値58-65dB/燃料:ガソリン>

静かな運転音で使いやすく、パソコン・シガーソケットも使用できます。簡単な操作ではじめて使用される方でも安心。

 

 

ホンダ EU9iGB インバーター発電機enepo
定価:オープン価格
販売価格:108,000円(税別)
<定格出力900VA/定格周波数50・60Hz/騒音値79-84dB/カセットガス燃料>

燃料はカセットボンベなので、燃料の持ち運びや管理もしやすい!カセットコンロなので使用するカセットボンベを2本でOKです。簡単に始動しやすいつくりになっています。

 

 

ホンダ EU9i インバーター搭載発電機

定価:128,000円(税別)

販売価格:93,870円(税別)

<定格出力0.9kVA/定格周波数50・60Hz/騒音値78dB-86dB/ガソリン>

使い勝手が良く、ハンディタイプなので持ち運びもしやすい。

 

 

出力1.6~1.8kVA

ヤマハ EF1600iS 防音型インバーター発電機

定価:198,000円(税別)

販売価格:116,670円(税別)

<定格出力1.6kVA/定格周波数50・60Hz/騒音値51.5-89dB/ガソリン>

コントロールパネルが一箇所に集中!持ち運びしやすい20kgの軽量。オプションの並列コード等を使用すれば、1台では対応できない大きな電力を必要とする電動機器への対応が可能。

 

工進 GV-16i インバーター発電機

定価:110,400円(税別)

販売価格:83,148円(税別)

<定格出力1.6kVA/定格周波数50・60Hz/騒音値59-65dB/ガソリン>

長時間静かに使用できます。電力使用の目安がランプで確認できます。

 

 

新ダイワ IEG1600M-Y/M インバータ発電機【限定品】

定価:オープン価格

販売価格:94,450円(税別)

<定格出力1.6kVA/定格周波数50・60Hz/騒音値51.5-61dB/ガソリン>

 

 

出力2.0~2.4kVA

ホンダ EU24i インバーター超低騒音型発電機

定価:265,000円(税別)

販売価格:184,000円(税別)

<定格出力2.4kVA/定格出力50・60Hz/騒音値82-90dB/ガソリン>

2.4kVAの高出力でプロユースに対応します。クラス最長の運転時間!夜間作業や非常用の備えにも適してます。

 

新ダイワ(やまびこ) IEG2000M-Y インバーター発電機

定価:305,000円(税別)

販売価格:173,400円(税別)

<定格出力2.0kVA/定格周波数50・60Hz/騒音値54-59dB/ガソリン>

商用電源と同様の良質な電気なのでコンピュータにも使えます。超低騒音&オイルセンサー付き

 

出力2.5~2.6kVA

ヤマハ EF2500i インバーター発電機

定価:198,000円(税別)

販売価格:108,890円(税別)

<定格出力2.5kVA/定格周波数50・60Hz/騒音値60-67dB/ガソリン>

容量81.8Lで車への搭載も容易!コンパクトサイズで487x395x425!

 

ホンダ EG25i-JN インバーター式発電機

定価:198,000円(税別)

販売価格:105,600円(税別)

<定格出力2.5kVA/定格周波数50・60Hz/騒音値89-97dB/ガソリン>

 

 

新ダイワ(やまびこ) IEG2500 インバーター発電機

定価:254,000円(税別)

販売価格:155,400円(税別)

<定格出力2.5kVA/定格周波数50・60Hz/騒音値60-65dB/ガソリン>

 

 

出力2.8kVA

工進 GV-28i インバーター発電機

定価:157,400円(税別)

販売価格:118,518円(税別)

<定格出力2.8kVA/定格周波数50・60Hz/騒音値65-68dB/ガソリン>

 

 

ヤマハ EF2800iSE インバーター発電機

定価:348,000円(税別)

販売価格:193,340円(税別)

<定格出力2.8kVA/定格周波数50・60Hz/騒音値51-57dB/ガソリン>

 

 

出力3.0kVA以上

ヤマハ EF4000ISE 防音型インバーター発電機

定価:469,000円(税別)

販売価格:252,230円(税別)

<定格出力4.0kVA/定格周波数50・60Hz/騒音値58-60dB/ガソリン>

 

 

ヤマハ EF5500iSDE 防音型インバーター発電機

定価:530,000円(税別)

販売価格:344,450円(税別)

<定格出力5.5kVA/定格周波数50・60Hz/騒音値58-64dB/ガソリン>

 

 

ホンダ EU55is インバーター発電機

定価:560,000円(税別)

販売価格:386,500円(税別)

<定格出力5.5kVA/定格周波数50・60Hz/騒音値82-91dB/ガソリン>

 

 

インバーター発電機 使い方

インバーター発電機の使用前の準備に必要なものや操作方法等をご紹介していきます。機種によって異なります。下記は一部例になりますのでご注意ください。

ガソリンタイプ 使用方法

-例- ホンダ EU9i

  1. 「ガソリンタイプの発電機を使用する際の事前準備」発電機は室内・車内などの換気が悪い場所で使用しないでください!周波数切替スイッチは東日本は50Hz・西日本は60Hzに設定。メンテナンスカバーを取り外し、エンジンオイルを確認下さい。エンジンオイルが少ない場合はオイル給油口の口元までオイルを補給します。発電機にガソリンを補給します。※Honda(ホンダ)発電機はご購入時エンジンオイル・燃料は入っておりません。

  2. 「発電機の始動方法」燃料給油キャップのつまみを”ON”の位置へ。エンジンスイッチを”運転”の位置に合わせます。チョークレバーを”指導”の位置に合わせます。(エンジンが暖まっているときは操作不要)始動グリップを静かに引いて重くなるところで止めて勢いよく引張、始動グリップをゆっくり戻してください。エンジンの回転が安定したらチョークレバーを”運転”の位置に徐々に戻します。
  3. 「電気機器の接続方法」接続電気機器のスイッチが切られていることを確認し、コンセントへ使用機器のプラグを差し込みます。電気機器のスイッチを入れます。正常運転の場合は主力表示灯(緑)が点灯し続けます。
  4. 「発電機の停止方法」接続電気機器のスイッチが切れていることを確認してコンセントから使用機器のプラグを抜きます。エンジンスイッチを停止の位置に合わせる。燃料給油キャップつまみを”OFF”の位置にします。

ガスパワー発電機 使用方法

-例- ホンダ EU9iGB

  1. 「ガスタイプの発電機を使用する際の事前準備」発電機は室内・車内などの換気の悪い場所での使用はしないでください!外気温5-40℃にてご使用下さい。メンテナンスカバーを取り外します。周波数切替スイッチを使い、東日本は50Hz・西日本は60Hzに設定。エンジンオイルを確認し、少ない際は給油口の口元までオイルを注ぎ、キャップを閉めます。ボンベカバーを開き操作レバーが”解除”の位置にあることを確認。カセットボンベの赤いラインを下側にして先端から奥へ差込みます。同様の手順で2本目もセット。操作レバーを”解除”から”固定”にスライドして変更したらボンベカバーを閉じて準備完了です!※Honda(ホンダ)発電機はご購入時エンジンオイル・燃料は入っておりません。
  2. 「発電機の始動方法」エンジンスイッチを”運転”の位置に合わせる。本機ボンベカバー部を押さえながら、始動グリップを静かに引いて重くなるところで止め勢いよく引っ張ります。始動グリップはゆっくり戻してください。
  3. 「電気機器の接続方法」接続電気機器のスイッチが切れていることを確認し、コンセントへ使用機器のプラグを差し込みます。電気機器のスイッチを入れると、正常運転の場合は出力表示灯(緑)が点灯し続けます。
  4. 「発電機の停止方法」接続電気機器のスイッチが切れていることを確認し、コンセントから使用機器のプラグを抜きます。エンジンスイッチを”停止”の位置に合わせます。

使用する際の注意点:建物やその他の設備から1m以上離れた場所で使用してください。廻りに燃えやすいものを近づけない。使用中は発電機を移動させない。発電機の周囲を囲ったり、箱をかぶせたりしない。

 

インバーター発電機 アクセサリー

防音ボックス

発電機からの音を低減します。吸音材・防音構造により発電機からの音を低減します。住宅街・街中などの人が多い 場所での使用におすすめです。

 

投光機

夜間の作業におすすめです。夜間作業時や防災などのもしもの停電時に活躍します。種類もバルーン投光機・LED投光機などさまざまな種類がございます。

 

並列運転用関連商品

より大きな発電量へ。2台の発電機をつなぎ並列運転をすれば、より大きな消費電力の製品をご使用出来るのでさらなる多用途での使用出来ます。※発電機の故障の原因となりますので、3台以上の並列運転や出力の異なる発電機の並列運転やコンセント容量を超える使用はできませんのでご注意ください。

並列運転コード:発電機を並列運転するための必要なコードです。

並列運転接続キット:発電機を並列運転するために必要なコンセント口付の接続キットです。

並列運転用コンセントプラグ:並列運転接続キットを使用する際に必要になる専用のコンセントプラグです。

 

ボディカバー

外での保管におすすめです。ホコリや直射日光・長期保管するときの傷から発電機を守ります。さまざまなタイプがあります。

 

移動設置用関連商品

発電機を移動する際に便利なアクセサリーをご紹介していきます。

発電機用移動車:下部分の車輪が付いており、楽に移動・設置が行えます。

ホイールストッパー:作業中に発電機の車輪が動かないように固定ができるので、安心です。

ハンガーキット:ホイールストッパー同様、作業中に発電機の車輪が動かないように固定できるアクセサリです。

 

今回、インバーター発電機のおすすめ商品をご紹介いたしました。インバーター発電機の選び方よくある質問にお答えしています。出力別での商品ご紹介やアクセサリ等もご紹介しています。詳しくはウエダ金物まで!

ウエダ金物ショッピングサイト
みんなの評価 
12345 (2 投票, 平均値/最大値: 5.00 / 5)
※5段階の簡単評価です。★を選択することで誰でも簡単に評価できます

関連記事

ピックアップ記事

2016-9-20

マキタ CL106FDSHW コードレスクリーナー

カテゴリー▼

ページ上部へ戻る